キングダム1巻を読みました。
なかなか面白かったです。
近所の図書館にもあったのですが、今日は休館日でしたので今日はkindleで買いました。




株についてです。
金融緩和によって現金(円)が流通するようになって、
今後さらにインフレが進むと思います。
各企業にはお資金が余ってることから、株式投資や設備投資に回すことによって株価やインフラ関係の会社の業績は伸びると思います。
多分既にたくさんの人に言われてることでしょうけどね。
金融緩和停止後、1年ぐらいまでは「買い」で良いと思ってます。

ただ、将来何が起きるか正直分からない所もあるので、リスク回避のために日経平均ベア2倍ETFも全体の20%分ぐらい買ってます。
そんなことするぐらいなら買わなければ良いんじゃないかと思ったので、ちょっと考えます。

資金が10あるとします。
株式は日経平均と同じように動くと仮定します。
また、現金はリスク資産ではないとします。

(1)日経平均ベア2倍を使用する場合
株式:8
日経平均ベア2倍:2
現金:0

日経平均ベア2倍によって一部、利益も損失も相殺されるとして、リスク資産は以下の通り。

8-2*2=4


(2)日経平均ベア2倍を使用しない場合
リスク資産を4にするには以下のような構成にするべきかなと思います。
株式:4
現金:6

(1)と(2)のどちらが良いのかについてです。
・株価の変動によって受ける損得は一緒だと思います。
・(1)の方が買える銘柄が増えて、株式の変動が日経平均に近づくと思います。
・(1)の方が貰える配当が多いです。
・インフレが起きて株価が1.2倍になると、日経平均ベア2倍の価格は0.6倍になるはずです。

とまあ、配当ぐらいしか利点は無いように思われます。
こういうやり方は以下の本に書いてありました。

バフェット・コード
荒井 拓也
日本経済新聞出版社
2009-06-09



 今日は10時ぐらいに起きました。
うんこは結構出た気がするのですが、お腹が何か張ってる感じがします。


その後、15時ぐらいに心療内科のクリニックに行きました。
そこでは半分ぐらい便の話とか、最近の近況の話をしました。


で帰ってきてガンダムのフルブーストをやりました。
最近大幅なアップデートがあり、新機体とか買えるようになりました。
僕はシャアザクとフルアーマーユニコーンを買いました。

ゲームしてる途中にうんこしたくなってうんこました。
下痢とおならが混ざったようなうんこが勢いよく出て、一気に便器に出した結果、うんこが跳ね返ってきて尻とかにうんこがつきました。
最悪でした。
便器はINAXの便器なのですが、TOTOの便器と比べると、こういう跳ね返りはINAXの方が多い気がします。
あと何か僕の尻の形に合っていないような気もします。