NYダウも日経平均も続伸しています。
要因としてはOPECの原油生産量の据え置きの影響かなと思っています。
イランは同調しないかもしれないみたいですが、他の加盟国が据え置きするのであれば、現状よりかは改善しているように思います。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160218/k10010413261000.html 


今回の株安の原因は原油価格の下落が原因と考えられており、その原因であるOPECの原油増産が収束するのであれば株安もある程度は解消するのではないかと思っています。
そう思ったからには、何らかの証券を買いたくなる衝動に駆られており、先ほど注文を済ませてきました。
以前の記事で2ヶ月ぐらいは購入を控えるとか言ってましたが、早くも前言撤回しなければなりません。
まあ、長い目で見ればいつ買おうが一緒だと思っています。


それで何を買うかです。
僕の保有証券の地域別の投資額の構成比率は以下の図の通りです。
46

地域別の投資額の目標値は以下のように決めています。
①北米株:50%
②日本株も含めたアジア株:25%
③欧州株:25%

現状では①の北米株が48%なので、今回は北米株を買おうと思います。
②のアジア株でも良いですが、気分的に北米株にしようと思います。

さらに北米株の内訳ですが以下の通りです。

57
NY証券取引所に上場している株を売買しても良いのですが、手数料が高い(楽天証券)ので、東証の上場ETFを買ってます。
買ってる銘柄はNASDAQ100連動って奴と上場米国株式って奴です。
他にもダウ何とかってのがあるのですが、構成銘柄が少ないのでそれは何も買ってません。
NASDAQ100連動はNASDAQ指数とドル円のレートに連動して価格が決まる証券です。
上場米国株式はS&P500という500個の大型株の時価総額加重平均の指数とドル円のレートに連動して価格が決まる証券です。
上場米国株式の中にもNASDAQ銘柄は含まれているので、NASDAQ100連動は10%ぐらいで良いかなと思うので、今回は上場米国株式を買うことにしました。

購入数は10万円以下は手数料が150円の一定なので10万円以下ギリギリの40株にしています。

次に購入するのは3月ぐらいですかね。
ちなみにまだ、含み損生活です。
早くプラスになってほしいのですが。。。。。