シャープが台湾の鴻海傘下になったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160225-00000506-san-bus_all 

上記のニュースからの抜粋ですが、以下のような条件だそうです。

「鴻海は、シャープ株の過半数を取得、主力取引銀行の優先株を買い取る。現経営陣の続投や40歳以下の従業員の雇用維持を約束しており、太陽電池事業以外の売却を否定するなど好条件を提示した。」

 このニュースによってシャープの株価が上がると思ったんですが、本日の値動きとしては-14%と大幅に下がっています。
09


ちなみに今時点でのシャープ株の株主は以下の通りです。
58

 これらの株主から株式を買い取るらしいのですが、買い取るのであれば、安い順に買い取れらていって、
高い指値の株式が残るので結果として、株価は上がると思うのですが、下がっているので不思議です。
思うに、投資家は鴻海が買った後のことを心配しているのではないでしょうか。
外資なのでIR情報の収集も追いついていないですし、今後の経営方針も示されていません。
経営権を取った後、株式を売りに出すかもしれません。
そういう不確定要素が増えたために株価が下がったんだと思います。
基本的に倒産していく会社の株価のトレンドは下落するので、空売りしておいて間違いは無いと思います。
もしかしたら今日の下落は大口の空売りが入ったのかもしれませんね。
チャート的にも丁度良い押し目に見えます。


2011年に三洋がパナソニックに買われ、2016年にシャープが鴻海に買われました。
かつて大手と呼ばれていた社名が無くなっていくのを見るのは寂しいものですね。
次に危なそうなのは東芝ですが、どうなることやら。