先日NHKで放送されたクローズアップ現代「人間は不要に? “人工知能社会”の行方」を見ました。

番組の概要はHPでも見れますので、もし良かったらごらんください。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3625.html
 

番組で「10〜20年後に65%の職種が失われる予想」 と言われていましたので、それについて思ったことです。
仮にそうなった場合、失業率は跳ね上がります。
その結果、国民の半数以上が生活保護を頼ることになり、その財源を確保するために法人税の税率が上がるものと思います。
そういう状況になると、無職であることを恥ずかしく思う人もいなくなるのでは無いでしょうか。
最終的に20〜30年後には全ての人が働かなくなり、真の社会主義国家または福祉国家が誕生するように思います。
一歩舵取りを間違えると戦争が起きそうではありますが。。。。
マトリックスという映画のように、人類が機械に飼われる未来が近づいているように思います。

そんな世界の株についてです。
現時点では人工知能が新たにビジネスを生み出すということをしていないので、今後もビジネスを生み出すことは無いと仮定します。
単に人類の仕事を代わりにやるのであれば、イノベーションも起きないため株価の劇的な上昇は見込めないように思います。


人件費が要らなくなる分、物を作る値段は下落して材料費+アルファぐらいの最低価格になるのではないでしょうか。
そういう物を今の値段かそれより少し安い値段で売っても、十分利益が出るように思います。
また、仕事上の無駄な出費も無くなり、手元に資金が余るようになると思います。
その余った資金は株式市場に回され、株価は上昇するのではないでしょうか。
その場合、どの株も平気でPERが20〜30になったりするように思います。

また、中央銀行の金利によるインフレ分だけ株価は上昇するでしょう。

一方で、下降する余地についてです。
人材派遣会社などは倒産するか、機械派遣会社になるかすると思いますが、株価全体の下落には繋がらないと思います。

こうしてみると、それでも株価は上昇すると思います。
利益を得る会社は変わりますが、得られる利益の額は変わらないと思います。



しかし、そんな世界に人類による資産運用が有るのかどうか疑問が残りますが。。。。


【Amazon.co.jp限定】マトリックス スペシャル・バリューパック (4枚組) [Blu-ray]
キアヌ・リーブス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-10-09

マトリックス (字幕版)
キアヌ・リーブス
2013-11-26

マトリックス 特別版 [DVD]
キアヌ・リーブス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2000-03-17


マトリックス ワーナー・スペシャル・パック(3枚組)初回限定生産 [DVD]
キアヌ・リーブス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-02

マトリックス ワーナー・スペシャル・パック(3枚組)初回限定生産 [Blu-ray]
キアヌ・リーブス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-02




マトリックス・アルティメット・コレクション 〈10枚組〉 [DVD]
キアヌ・リーブス
ワーナー・ホーム・ビデオ
2004-12-17