先日、保険の斡旋をやっているおじさんと保険の話をしました。
詳細な内容は忘れましたが、そのおじさんが「お金持ちでも保険に入るべき」と言う考え方だったのは覚えています。

個人的な意見ですが、お金持ちの人は保険に入る必要が無いと思います。
もしかしたら多くの人が同じ意見かもしれませんが、そうではないかもしれません。

例えば、貯金が1000万あって、年収も1000万ぐらいある人が盲腸の手術代が払えないとは思えません。
そう言う人の場合、掛け捨ての医療保険(がん保険を除く)に入って月々数千円払うのは無駄だと思います。
そんな医療保険に入るぐらいなら、投資信託でもするべきだと思います。
病気になる確率を計算して、加入者で病気になった人に保険金を払っても損が出ないように月々の保険料は決まっています。
つまり確率的に加入者は確実に損をするように出来ています(掛け捨ての場合)。


そんな保険に何故、人が入るのかですが、それは恐らく営業マンに乗せられて加入させられたか、貯金が全く無く10万円ぐらいの突然の出費にも耐えられないかのどちらかだと思います。
ですので、治療費等が貯金で払える人は保険に入る必要は無いと思います。


ちなみに自分が入っているのは自動車保険とがん保険と給与サポート保険と火災保険と地震保険ぐらいです。