ふるさと納税を職場の人が話していて気になったので調べてみました。

ちなみにこれまでは、ふるさと納税をすると自分が住んでる自治体の収入が減って、行政サービスが低下すると思って控えていました。
ですが自分がよく行く旅行先の行政サービスが良くなったりすると良いかなと思って少し検討してみることにしました。

ざっと調べてみた所では所得税と住民税が節約できるようでした。
所得税は確定申告をする事で税務署から還付され、住民税は翌年に給料から引かれる額が減るみたいです。


所得税から還付される仕組みとしては、ふるさと納税の一部が寄附金控除という形で課税所得から引かれて、その分から引かれるようです。

住民税はふるさと納税で納税した金額(正確にはそこから二千円を引いた額)から所得税分が引かれた金額が住民税から引かれるようです。

自分の場合、住宅ローン控除で所得税分がほぼ全額還付されるのですが、この場合どうなるのか明記されているネットの記事などは有りませんでした。
住宅ローン控除の額が所得税で払った額より多い分は住民税から還付されるそうです。
この仕組みに基づき、形としては先にふるさと納税分で所得税分が還付され、残った所得税分を住宅ローン控除から賄うような形になると良いのですが。。。
これ以上、所得税が還付されないから、ふるさと納税で所得税分が還付されず、2000円以上の損失が出るということにならないと良いのですが。。。

ふるさと納税で税務署に申告する方法としては確定申告する方法とワンストップ特例を使う方法の二つがあります。
ワンストップ特例を使うと、所得税分が無くなり全額、住民税で還付されるようになります。
このワンストップ特例を使うと、上記のような所得税分の還付が無いことについて悩む必要が無くなります。

自分の場合、株もやっていて確定申告したいのでワンストップ特例は使えませんでした。
ワンストップ特例を使いつつ、確定申告するとどうなるのか調べてみたのですが、やってはいけないと書かれていました。
納税したことにならないと書いてあったように思います。

今回、ふるさと納税をやるにあたって税金の仕組みについても調べたので、メモついでに書いておきます。

所得税、住民税の金額はざっくり次のようにして決まります。

1. 年間の収入の額から所得控除を引いて給与所得を出す
2. 基礎控除や扶養控除の額を足していって、所得控除を出す。寄附金控除もここに含まれる。控除額は所得税と住民税で異なる。
3. 1で求めた給与所得から2の所得控除を引いて、課税額を出す。
4. 3の額に10%を掛けた額が税の額。
5. 住宅ローン控除は4の所得税の額から引かれる。



住民税と所得税の合計と住宅ローン控除の額を比べてみた所、住宅ローン控除の額の方が小さかったので、取り敢えずふるさと納税をやってみることにしました。

寄付先は自分が九州出身なので、九州縛りと返礼品で食べたい物をから選びました。
ちなみに返礼品は焼肉用の牛肉とクエ鍋セットです。

寄付が上手くできたかどうかは、翌年の納税通知書で分かるそうです。