日経平均が大幅に下落し、ついに16000円割れしました。
NYダウの反発、軟調な原油価格や円高が主な原因と言われています。


http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160405-00471001-fisf-market



NYダウについては、反発とまではまだいっていないと思います。
せいぜい上げ止まりぐらいです。

原油価格ですが、確かに下がっています。
3/22に40ドルぐらいでしたが、現時点で35ドルと下げ幅は、14%ぐらいです。

円高については確かに進んでいます。
しかし、下げ幅が小さいので、かなり限定的なものであるように思います。


やはり一番の原因は原油価格の下落ではないかと思います。
それで、原油価格の下落理由を調べたのですが、イランの経済制裁が1月に解かれ、原油輸出量が1日あたり200万バレルを超えたそうです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H18_U6A400C1EAF000/
 

原油の需給調整の遅れによってはこのまま、下げが広がる恐れがあります。

当分の間、株の購入は様子見になりそうです。