昨今の新型コロナウイルスの流行によってダウ平均や日経平均などの株価が大幅に下落しています。
ここでは株価が下がる原因を考えてみたいと思います。
自分が考える原因はこの通りです。


まず一つ目は株価の下落に伴い投資家が資産保護のために株を手放しているように思います。
投資信託などの資産運用を行なっている企業が、損失を避けるために株式市場から手を引いているように思います。
一般投資家も、それに習って株を売却してしまっているように思いますが、一般投資家は利益ノルマなど無いので、そう言う売買はしない方が良いと思っています。


二つ目は、企業の売り上げが減る見込みであることから、配当も減ってしまうので、それを嫌って売っているように思います。

三つ目は、企業の売り上げが減ってしまうと、企業は必要経費が捻出出来なくなります。
その必要経費を捻出するために、銀行から借り入れるか、市場で自社株を発行して資金調達をすると思います。
自社株を発行すると、発行株式が増えて既に出回っている株式の価格が下がってしまいます。
投資家はそれを嫌って売却しているように思います。


思いつく限りではこんなもんですかね。
株への関心は薄れていましたが、今回のコロナショックで再び再燃してきました。
かと言って取引回数を増やしたりはしないと思いますが、株価を見たり調べ物をする頻度は確実に増えました。
今後はブログの記事は増えると思います。