今日、住宅メーカーの方と打ち合わせを行いました。
それで太陽光発電について話を聞いた所、1kWあたり30万円ぐらいで実現できるということでした。
この価格ですが、価格.comとか見ても妥当な価格に見えます。
パネルは某大手メーカーが使っている下請けが作っているのと同じもので、ブランドは住宅メーカーのプライベートブランドとのことでした。
保証期間はパネルが20年で、パワコンが10年とのことでした。
若干、ブランドに不安は残りますが、営業の人も信頼していますし、太陽光だけ別口で探すのも面倒なので、まあ良いかと思っています。

太陽光発電の費用回収年を再度見積もってみました。

前回同様、ローンの利率は0.75%としています。
ローンは35年の住宅ローンです。
計算方法は複雑ですので次のサイトから計算しました。

http://keisan.casio.jp/exec/system/1256183644

ちなみに前回のローンの計算は間違っており、単なる複利計算でした。

 
他に変えた所は1kWあたりの価格と、以前は一律で発電量の10%を自己消費して、90%を売電するという前提を置いていましたが、自己消費分を詳細に見積もってみました。

年間の自己消費分は次の条件で通り計算しました。
昼間使用する家電:エアコン(定格600W、計算では常時半分の300Wで動くと仮定、更に使う月は7~9月、12月〜1月の6ヶ月と仮定)、冷蔵庫(200W)
昼の時間:朝7時から17時の間の10時間
1年の間の晴れの日:220日

これを元に晴れの日の昼の自己消費電力は次の通り計算できます。

$$
(600/2\times(6/12)+200)\times10\times220/1000=770\text{kWh}
$$

これを元に、費用回収にかかる年月(年)を調べると次の通りになります。
44




これだとシステム容量が大きいほど回収が早くなります。
10kWでも回収年が10年を切ることは無いようです。


パワコンの保証期間が10年と現在単価での買い取り保証の年数が10年ですので、極力10年は切りたい所です。
ちなみにシステム容量ごとの回収年のローンではない場合との比較は次の通りです。

54


現在、嫁と協議中で嫁は嫌がっていましたが、どうにか説得できそうな見込みです。
しかし嫁はローンで買った場合の金利などについてまでは把握していないように思います。
悩ましい所です。
嫁は極力、小さいシステムで渋々了承しましたが、嫁が言っていたことが正かったのかもしれません。