先日、市役所から固定資産税の払込用紙が届きました。
固定資産とか持っていないのに、何故届いたのか市役所の担当者に確認したところ、僕の親戚が亡くなってたみたいなのですが、その親戚が土地を持っていまいした。
それで、その土地の相続者が自分しかいなかったため、自分に固定資産の請求がきたようです。

土地の場所など確認したのですが、周りは田んぼで、その土地へ行く道も舗装されていないような道を通らないといけないようでした。
しかもその土地には小屋が建っており、何か建てる上ではその小屋を取り壊さないといけません。
おそらくその解体費用でも、それなりの費用がかかるのではないでしょうか。

少しその土地を利用して何かお金儲けができないかなと思って少し調べてみました。
一般的には次のような利用が多いらしいです。
1. マンション・アパート経営→あの土地の場合、おそらく借りる人は少ない気がします。
2. 駐車場経営→周辺に何か人が集まる施設などがあれば良いのですが、あの土地にはそういうのはありません。
3. 太陽光発電→唯一、それなりに儲けが期待できそうです。しかし、隣が民家でもしかしたら太陽光パネルで光が反射して光害になってトラブルが起きるかもしれません。それに隣の家の土地から木がたくさん生えており、東側からの光が遮られるように思います。あと、初期投資のための資金調達が面倒くさいというのもあります。


あと、その親戚が宗教をやっていて晩年はその宗教団体の施設の離れを間借りして過ごしていたみたいです。
仮に資産を相続した場合、その宗教団体から難癖付けられたりしそうでしたので、相続することは辞めました。

それで相続放棄について調べてみました。
ポイントは次の通りです。

1. 相続放棄は相続が発生すると知った日から3ヶ月以内に行わなければならない
2. 相続放棄を行うと、借金などのマイナスの資産を相続しなくて済むが、価値のある土地や金銭などの相続もできなくなる
3. 相続放棄を行うと次に相続権がある人間に、遺産相続の権利が発生する。大体、子→孫→兄弟の順
4. 相続放棄をしても財産を管理する義務は発生する
5. 相続人全員が相続放棄をして誰もいなくなった場合、相続財産法人が清算する。


弁護士の無料相談(30分)で少し相談した結果を記載します。
まず土地を売却することを勧められました。
それで売却するときに弁護士さんが動いてくれた場合の手数料は10万円〜とのことでした。

個人的に売却より相続放棄をしたかったのと手数料が高額でしたので、売却は却下しました。
放棄する場合、財産を管理する義務が発生するとインターネットに書いてありましたので、それが少し心配と伝えたのですが、相続人が全くいなくなることはほとんど無いので気にしなくて良いのではないかと言われました。
何かあったらまた電話すると伝えたところ、次回から相談料が発生するとのことでした。

一先ず、今後は相続放棄をするために家庭裁判所に行こうと思っています。