参議院選挙が7月10日に行われます。
2012年の第46回衆議院選挙の結果を受けて株価は大きく上昇しました。
今回の参院選の結果によっても多少なりとも、株価に影響はすると思っています。

どこかのニュースかは忘れましたが、事前調査では自民党優位とのことでしたので、 現在の株価も自民勝利を織り込んだものとなっていると思います。
このような状況で自民公明の連立政権が過半数を取れない場合、先行きの不透明感が増して株価は大きく下落するものと思います。

自分の予想としては自民が圧勝して、市場予想を多少、超えるものと思っています。
圧勝せずとも、自民が勝つことで安心感が出て株価は少しは上がると思います。

ですので今週金曜日にTOPIX指数連動のETFを10万円分買い増しております。
ほぼ競馬やサッカーくじみたいな感覚で証券を買っていますが、果たしてどうなるか。
選挙の結果が分かるのは日曜日の夜で、その結果を受けた株価が分かるのは月曜日の朝です。

金曜日のアメリカの雇用統計の結果が予想以上に良かったので、多少は上がるものと思います。