薄給サラリーマンのインデックス投資

株式や経済情勢に関するブログです。基本的な投資方法はインデックス投資です。その他にもお金に関して自分が調べたことは一通り取り上げるつもりです。
保有銘柄は右コラム(PCページ限定)をごらんください。
キーワード:日経平均、投資、上場投資信託(ETF)、ニチイ学館、平安レイサービス、ランダムウォーク理論、S&P500、ダウ平均株価、原油価格、確定申告
リンクフリーです。

薄給サラリーマンのインデックス投資 イメージ画像

書籍の感想

インベスターZの13巻の感想です。漫画は感想が書きやすくて良いですね。あらすじとしては、前半は松井という同級生の相談で中盤は藤田美雪がスタートトゥデイの社長の前澤友作に会う話で、後半は投資部の部長の神代の予言の話です。後半の話が伝わりづらいと思うので、もう
『【インベスターZ13巻の感想】コツコツドカン』の画像

インベスターZの12巻を読みましたので、その感想です。簡単なあらすじとしては前半は四季報ネタで、後半は藤田慎司が麻生グループのトップの麻生巌に会う話です。印象に残ったシーンとしては次のシーンです。誰々の子供だから信用できるみたいなことを言っているシーンです
『インベスターZ12巻の感想』の画像

「トクする住宅ローンはこう借りる」という本を読みました。簡単な内容としては、住宅ローンの固定金利と変動金利、金融機関別の住宅ロンーンの特徴、新築住宅や中古住宅など住宅別のメリットなどが書いていました。一読しただけでは全ては把握できませんでしたが、この本だ

国債について軽く勉強したいと思い、図書館でいくつか国債関連の本を読みました。分かりやすかったのが、「いちばん面白い日本国債入門」という本です。3章あたりで日本国債の仕組みが記載されており、基本的にはそこしか読んでいません。国債とは国の借金であり、現在の日

今以下の本を読んでます。ホントは教えたくない資産運用のカラクリ4 新バフェット流で資産形成 [単行本(ソフトカバー)]安間 伸東洋経済新報社2012-05-25以下の会社の株は下がりにくく、長期投資に向いているとのことです。1. 参入障壁がある2. 代替品が無い3. 風習、好みが

今日起きた後、以下のバフェット本を読んでたんですが、眠くなって寝ました。バフェット・コード [単行本(ソフトカバー)]荒井 拓也日本経済新聞出版社2009-06-09バフェット本を読むようになったきっかけはインベスターZです。インベスターZ(8) [Kindle版]三田紀房コルク201

起きた後、以下の本を読みました。バフェット・コード [単行本(ソフトカバー)]荒井 拓也日本経済新聞出版社2009-06-09まだ読んでる途中ですが、内容はバフェットがどうやって投資をしてきたのかなどです。なかなか面白いと思います。投資は安い時に買って、高くなったら売

今日は、ずっと本読んでました。タイトル:金融工学―経済学入門シリーズ著者:木島正明感想:全部は理解できませんでした。数式が多用されており、じっくり読むべき本だと思います。購入しても良いかもしれません。ブラックショールズ方程式というのが何か格好良かったです

帰ってきて本を読みながらFXやりました。読んだ本は以下の通りです。となりのバフェットがやっている凄い投資 [単行本(ソフトカバー)]マシュー・シフリンダイヤモンド社2011-08-05なお図書館で借りた本です。話としてはどういう投資家がいて、どうやって儲けているかという
『「となりのバフェットがやっている凄い投資 」の感想』の画像

↑このページのトップヘ